【業務効率化】パーキンソンの法則と仕事の見積もり時間×1.7倍

「仕事は終わる時間を決めないと、仕事の量に関係なく、あなたが持っている時間をすべて使う

こんな、恐ろしい法則があるのを知っていますか?

この法則をパーキンソンの法則といいます。

パーキンソンの法則

パーキンソンの法則とは、1958年にパーキンソン氏が提唱した法則で、英国の役人と仕事の関係を念入りに調査した結果、次の2つの法則があるという結論を出しました。

●第1法則 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

●第2法則 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

第2法則に関しては、役所に関しては、日本でもこの法則が当てはまりそうですが、個人に関しては、他の国に比べて日本人は、貯蓄の習慣が根付いているので、当てはまらない人が多いでしょう。

さて、第1法則は、言い換えると「人は、時間があれば、その時間に見合った(無駄な)仕事を勝手に作り出す」とういことです。

でも、これを逆にとらえると「人は、仕事を終える時間を明確にすれば、その時間内に仕事が終わる」ということです。

自分の見積もった時間を1.7倍するとちょうどよい!?

とは、言っても、

「いつも、仕事の時間を自分で見積もっても、その時間内に終わらない」

ということってありますよね?

はい、日常茶飯事です。

ジョン・エイカフ氏のFINISHという書籍に、こんな調査結果があります。

アメリカの学生に「論文が最悪、何日あれば書きあがるか?」というアンケートをとったところ、平均は34日でした。しかし、実際に、論文が書き終えた期間の平均は56日でした。

つまり、その調査によると、自分の見積もった仕事の時間を約1.7倍すると、現実的に達成できる時間ということです。

まとめ

つまり、パーキンソンの法則によると、仕事は、時間を区切ってやると早く終る。だけど、その時間の見積りは、自分で考えた時間の1.7倍くらいがちょうどよい、ということです。

是非、試してみてください。

ちなみに、笠岡は、この話を前から知っているのにも関わらず、自分の見積もった時間内に仕事が終わりません(泣)

でも、この1.7倍という数字を知ったおかげで、だいぶましになりました!


株式会社飲食店繁盛会 
代表取締役 笠岡はじめ

Follow me!

投稿者プロフィール

笠岡 はじめ
笠岡 はじめ
株式会社 飲食店繁盛会の代表取締役。飲食店繁盛会の経営と全国飲食店のコンサルティングを行う。日本だけでなく、中国や台湾、UAEなどの飲食店のプロジェクトも手がける。 現在東京で約10名いる東京商工会議所認定「Web戦略パートナー」のひとりとしても活躍。フードアナリスト1級兼認定講師、ITコーディネータ(経済産業省推進資格)。著書に「売れまくるメニューブックの作り方」(日経BP社)、「繁盛飲食店にする1分間セミナー」 (同文館出版)等。「売れまくるメニューブックの作り方」は、台湾と中国でも出版されている。