2019年大手飲食店値上げまとめメモ(2019年6月3日現在)

飲食店の6割 消費増税で「値上げを検討」

2019年大手飲食店の値上げまとめメモ

「19年の消費増税、6割の飲食店「値上げ検討」 民間調べ」(日経新聞 2018/12/15)の記事によると、今年10月の値上げに対するアンケートで、次のような回答が寄せられた。

  • シンクロ・フードの調査の調査によると2019年10月の税率10%への消費税増税を機に飲食店の6割が値上げ検討している。
  • 増税対策として、「少しずつ値上げしてあるので、税率引き上げ時に値上げしなくて済むようにしている」、「メニューを税別表記に変更した」などがある一方で、税込み価格を据え置くために「店舗オペレーションの簡略化や食材・取引先の変更」等とコスト削減に力を入れる店もある。また、軽減税率の対象品、つまり、「持ち帰り商品の拡充」を増やすという店もあった。
  • 前回の増税後に売上高が減ったのは全体の34%と3社に1社にとどまった。売り上げが減った店舗でも影響の出た期間は3カ月以内にとどまったのが4割、7割の企業で半年までに悪影響が収束している。
  • 前回の増税時の影響として、「単価については影響は大きくなかったが、来店頻度が落ちた」、「1人当たりのドリンクが減った。」「値段の高い商品が出にくくなった」等の回答が寄せられた。

とのこと。実際、私が、飲食店経営者にコンサルティングをしているときも、人手不足、売上・収益アップ、その次くらいに値上げの相談が多い。確かに人件費高騰と原材料高騰は、多くの飲食店の収益に影響している。

そこで、今後の値上げの参考のために、今年に入って、大手が値上げした情報をここに書き留めておこうと思う。

飲食店値上げ発表メモ

  • ドトール 10円~20円(4/11~)
    乳製品を使ったもの「ココア 10円」「カフェラテ 20円」
  • エクセルシオールカフェ 10円~20円(4/18~)
  • スターバックスコーヒー 10円~20円(2/8~)
  • 上島珈琲店 10円~30円(4/5~)
    コーヒーやサンドウィッチ等「ネルドリップブレンドコーヒー 21円」
  • マクドナルド 10円(4/10~)
    ダブルチーズバーガー、てりやきアックバーガー、フィレオフィッシュの3品
  • 大戸屋 12品目を10~70円(4/23)
    値上げ幅が大きいのは原材料の高騰が影響した「しまほっけの炭火焼き定食」。970円から1040円と70円値上げする。そのほか、「ロースかつ定食」を40円、「バジルチキンサラダ定食」を20円値上げする。
  • びっくりドンキー 20円〜240円(4/10〜)
    肉などの原材料価格の高騰や人件費の上昇が要因。値上げは2016年4月以来3年ぶり。サイドメニューや飲み物、子供用メニューの料金は据え置き。定番ハンバーグ「レギュラーバーグディッシュ」の150グラムは北海道内で598円から618円、関東の一部地域では668円から688円と20円引き上げ。300グラムのメニューは25円の値上げ。値上げ幅が大きいのは野菜が多めのランチ限定ハンバーグセット「ポテサラ畑」で、道内は170円、地域によっては240円の値上げ。
  • 吉野家 サイドメニュー10円値上げ(5/1〜)
    「玉子」「お新香」「みそ汁」「生野菜サラダ」など全34品を10円値上げ。サイドメニューを複数含むセットは20円値上げした。サイドメニューの価格変更は2014年の消費増税以来、5年ぶりとなる。人件費の高騰を吸収する。ちなみに、2014年12月に牛丼(並盛)の価格を300円(税込み)から380円(同)に値上げした際、既存店の客数は半年以上にわたり前年同月比10~20%の大幅な減少に見舞われた。
  • ベックス 飲料20円上げ
    「ベックスコーヒーショップ」、飲料を全品20円、食品の一部を10~20円値上げ。人件費や生乳などの原材料費が上昇しているため。値上げは2013年10月以来。対象は飲料がブレンドコーヒーなど22種、食品がバタートーストなど8種。このほか各店舗で独自に提供するメニューの一部も値上げ。値上げに伴い一部の店舗を除き、店内利用の場合に提供するカップ類をマグカップに変更。「ブレンドコーヒー」と「深煎りコーヒー」を増量し値上げによる顧客離れを防ぐ。
  • ココイチ ポークカレー +21円(3/1)*94%の顧客が注文する商品
    2018年12月にビーフソース、ハッシュドビーフソースを+32円値上げ。人件費や原材料の価格が上がっていることと食材製造工場の改修費用が必要なため。実は全体的に継続的に値上げしているが、トッピングなどメイン以外の値上げが多いため、消費者が値上げに気が付かないことが多かった。

軽減税率関連メモ

  • サイゼリア 2019年10月以降、持ち帰りと店内飲食の税込価格を10%の場合にそろえる(持ち帰り本体価格を引き上げる)4/11追加

以上

発表を見つけたら増やしていきますね。

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

追伸

よろしければフォローお願いします。有益な情報をお届けします。

飲食店繁盛会の無料メルマガ登録募集中。定期的にメルマガご購読特典、専用のコンテンツを配信します。

今は、2つのオンラインセミナーを公開中。

『飲食店のための小規模事業者持続化補助金の解説』

詳細はこちら → https://hanjoukai.com/2020031501/

↑25万円で75万円分の売上アップ施策ができる!飲食店は今通りやすいです。

『3ヶ月で儲かる飲食店に変わる 繁盛店になるための飲食店3点改善法』

詳細はこちら → https://hanjoukai.com/lp-oe3ten/

↑飲食店繁盛会が全国飲食店に繁盛店の土台をインストールした方法のエッセンス

★飲食店繁盛会の人気サービスを紹介します!

一番人気のサービス◎

1.『飲食店繁盛会 会員制飲食店コンサルティング』

飲食店繁盛会のコンサルティングを仕組化してオンラインで提供するから月1万円

単なるコンテンツ販売ではなく、コンサルタントが、あなたのお店の売上アップのサポートをします。

詳細・問合せ → https://hanjoukai.com/member-lp/

*今なら初月無料。60日間返金保証付き。
*会員が一定数に達したら月額27,000円に値上げする予定。今がお得。

とりあえず専門家にお店に来てもらいたい方にご依頼頂いています

2.『初回出張店舗診断』

全国どこでもOK!飲食店繁盛会のコンサルタントが、あなたのお店に伺ってアドバイスします

詳細・問合せ → https://hanjoukai.com/service/con/ssts/

3.ガッツリ売上を上げたい!メニューリニューアルしたい方

全国で実績を挙げている飲食店繁盛会の「売上アップコンサル+デザイン」をパッケージ化したサービス。メニューリニューアルしながら業態をブラッシュアップしてあなたのお店の売上を上げます。

飲食店繁盛会のコンサルティングが始めての飲食店の方なら

(1)『売上アップコンサルティング&デザイン』

50万円で飲食店の売上を上げるためのサービス「出張コンサルティング」、「売上アップコンサル」、「メニューデザイン」、「ファサード改善」をパッケージにしたサービス。上限が決まっているから安心。

詳細・問合せ → https://hanjoukai.com/service/design/uuc/


月額払いで、飲食店繁盛会と売上アップをしていきたいなら

(2)『販促まるごとサポート』

月額払いだから、大きなキャッシュアウトがなく、コンサルティングとデザインのサポートを受けられます。

詳細・問合せ → https://hanjoukai.com/service/design/hms/

4.金融機関様、飲食店サプライヤー様、商工会議所様、飲食企業様へ

セミナー・企業研修のご依頼はこちら
詳細 → https://hanjoukai.com/service/koushi/

5.サービス内容について説明を聞きたいという方はお気軽に下記からご連絡ください

問い合わせフォーム→ https://hanjoukai.com/contact/
電話 → 03-5302-9841