最近、経営者の方とじっくりお話させていただいた時、
お話することが多いのが「財務」のお話。
 
多くの飲食店は会計・経理はしっかりとやっていますが
財務はほったらかし状態が多いと思います。
 
景気の良い時や普段の経営でしたら、
昔ながらのどんぶり勘定でも経営することができましたが
今は緊急事態です。
 
財務を意識しないで営業すると「来月営業できない…。」
 
といったことも十分にあり得ます。
なので今日はお金のお話を少しさせていただきますね。
 
 
あなたは「黒字倒産」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
 
黒字で倒産?
 
と思うかもしれませんが、
財務を知っておかないとどんなに利益があってもあり得るお話です。
 
 
黒字だけど倒産?になるのはどういった場合でしょうか。
 
倒産はキャッシュがなくなると起こりますよね。
簡単に例を挙げると
 
売上が100万で経費が90万で結果、利益が10万出ました。
でもその売り上げのうち20万がカードなのでまだ20万分手元にありません。
 
そうすると、80万しかないので
80万ー経費90万で10万円足りません。
 
利益が10万あるのに
実際は10万足りない…。
 
こういう状況があります。
 
今、1日、協力金が2.5万~
75万~収入があります。
 
でもこのお金はまだ手元にありません。
当月分のものが入るのが2か月後など。
 
これも同じことが考えられます。
 
まずは、利益があるからと言って油断はできないということ。
 
そして、しっかりとお金の流れを把握すること。
つまりキャッシュフローを知ること。
 
特に補助金関連で先行投資する場合、
行き当たりばったりでなくどうお金を使っていくのか?
どのタイミングでどのくらい使うのかを
よく考えてみてください。
 
どうにもならなくなる前に休業中や
フル営業できないこのタイミングで財務を勉強してくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)

]]>

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください