さて、月末ですね。
通常時なら忙しくて新しい販促などできないところですが
今は、時短営業。
 
時間はありますね。
なのでこの機にイベント関係、
恵方巻やバレンタイン、などなどの
イベントの日に販促やるって決めてみてはいかがでしょうか?
 
今までそういうのはやりたくない。
うちはそういうお店ではない。
といっていたお店も販促に力を入れてきています。
 
今までがやらなかったお店が
です。
 
ということは、イベント販促も
よりお客様にとって色々選べるようになるということ。
これはお客様にとってプラス要因だと思います。
 
楽しさが増える訳ですから。
 
今日は、来週に迫った恵方巻の
販促・商品をもう一度発信してみてはいかがでしょうか?
 
売れない恵方巻。。。
何で売れないのかはこの後最後まで読んで頂ければ
わかると思います(^^)
 
恵方巻の販促としては
現定数が決まっていれば
カウントダウンしても良いし、
「今日もご注文◯◯本いただきました!」
とアナウンスしても良い。
#恵方巻 #販促
 
兎に角、お客様に触れる時を作ってください。
 
これは接客と同じです。
 
接客もただオーダーとって料理持っていくだけだと
ただ食事をしているだけになりますよね。
 
だから接触回数を増やす。
コロナであまりそれが出来ないとおっしゃるかもしれませんが、
何もしゃべらなくても良い。
 
そっと席に近づいて
顔を向けて笑顔で「ニコッ♪」とする。
空いている皿があれば、
目と動作とささやかな言葉で伝えれば良い。
 
そしてポイントとしては、
リアルの店内飲食でもSNSなどの投稿でも
作り手、
料理人がお客様と触れ合う機会を作るということ。
#料理人 #触れ合う機会
 
これが出来ていないお店が多いので
とても勿体ない。
 
リアルもネットも同じ原理原則があります。
#販促 #飲食店 #原理原則
 
リアルでもネットでも
誰がどんな人が創っているか
知らないで食べるより知って食べた方が良いです。
 
そこに共感を見えれば最高です。
想像してみてください。
 
「今日も鍋を振っているのは新潟出身の小島です。」
「ボーリング好き好きで腱鞘炎気味の小島がチャーハンあおります!」
「日本酒大好きな小島が日本酒にあう肴をご用意しました♪」
 
こうした文面と笑顔の写真があったらいかがでしょうか?
#販促 #SNS
 
「顔を写したくない」
だったら後ろ姿でも良いし、
鮮魚で顔を隠しても良いし、
覆面してもいいと思います(笑)
 
でも、小島は思います。
仕事って自分のリソース(資源)を全部使って
どれだけ成果を上げることなんじゃないかと。
#仕事 #成果を上げる
 
勿体ないと思いませんか?
 
折角ご両親からいただいた自分をフルに使わないと。
良いところも悪いところも全てひっくるめて
自分だと思います。
#自分を好きになれなくても良いけど承認はしよう
 
良いところも悪いところも全部使って
成果を上げていきませんか?
 
それが仕事。
 
ちょっと熱くなってしまいましたが、
今日は、
自分のリソースを全部使って
恵方巻を発信してみてくださいね(^_-)-☆
 
題名の売れない恵方巻の理由は、わかりましたか?
ヒントは商品を売るのではなくて自分を売ることですよ♪
#飲食店 #一日一改善 #恵方巻 #自分のリソースを全部使って #成果を上げる

]]>

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください