メニューブックは、注文するツールであると同時に、お店の持つ一番の自社メディアです。これは、今まで、いろんなところで言っています。僕の本にも書きました。

では、メニューブックをメディアとしてどう使うのか?

今は、チェーン店でも価格でなく価値で選んでもらわないと生き残れない時代。個人店ならなおさらです。

だから、お店のこだわりなどの価値情報をきちんと伝えましょうと言っています。その価値情報を記憶としてお持ち帰りをしてもらうことより、口コミの元にもなります。

と、こんなことを事ある毎に伝えているのですが、

実は、実際にプロジェクトとして、メニューをリニューアルするときは、もう一歩先を考えます。それは、「お客様の店での体験をコントロール(誘導)すること」です。

つまり、メニューブックで伝えるというのは、この体験というレベルまでできて「伝わった」と言えると思っています。そして、そういうメニューにしようといろいろ考えます。

もちろん、メニュー以外のところでも伝える努力もします。

先日も、「ちょい飲みをしてもらいたいので、ちょい飲み用のツマミを用意して、メニューを変更した。でも、そう使ってくれない。つまみはサイドメニューとして1品として注文され、アルコールも飲んでも1杯です。」というクライアント。

この使い方はちょい飲みではなく、食事需要です。

サイドメニューを頼んでもらうことは、客単価も上がるし良いことですが、結局は、ちょい飲みという体験をしてもらえていないので、メニューを変更しても「伝わっていない」ということです。

その辺りのメニューブックノウハウは、僕たち飲食店繁盛会は、日本でもトップレベルだと思っているのですが、話がまとまらなくなるので、この辺で。

今日のテーマのまとめますと、メニューブックで伝えるということは、お客様に体験してもらうところまで昇華させたいですね、という話でした。

★メニューリニューアルは、販促まるごとサポートというサービスで承っています。興味がございましたら、下記からお気軽に連絡ください。

販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841まで。

飲食店繁盛会の実績レポートはこちら。

笠岡が書いたメニュー本。今年春、中国でも出版されます。よろしければ読んでみてください。

 

株式会社飲食店飲食店
代表取締役 笠岡はじめ

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

 



★追伸★

1.全国出張コンサルティング(3月の受付終了、4月受付開始。)

笠岡が、お店に行ってアドバイスをする『出張コンサルティング』。4月の受付開始です。

とりあえずお店に来てほしいとお考えの方はこちら

全国出張コンサルティング
http://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/

繁盛会の事務所で笠岡に相談したい場合はこちら(3月は、あと1件くらい。日程がピンポイントになります。4月受付開始。)
初回経営相談→ http://hanjoukai.com/consulting/first_advice/



2.飲食店繁盛会のサービスを考えているのでとりあえず急ぎで話を聞きたい方へ(無料)

飲食店繁盛会のコンサルタントが無料でお話を伺い、不明な点などサービスについてご説明します。場所は、飲食店繁盛会事務所となります。メニューやお店の写真などお持ちいただくと、スムースになります。

申込みは、電話(03-5302-9841)か、問合せフォームからお願いします。