その昔、飲食業は他の業界に比べて有利だった。しかし、今は、そのアドバンテージがなくなりつつある。

そのアドバテージとは何か?

それは、目の前にお客様がいることだ。他の業界とは違い、目の前のお客様から、会話をしたり行動を見たりして、情報が直接取れるのだ。

しかし、インターネットの進化(ネットの普及でも発達でもない、進化だ!)により、目の前にお客様がいない業界でも、かなりの情報が取れるようになった。

というか、消費行動という意味では、もはやほとんど丸裸といってもよい。

(ここについては、今、飲食店がどうするべきかを研究しているのでもう少し待ってほしい)

このように、今現在、飲食店は、「目の前にお客様がいる」というアドバテージがなくなりつつある。

しかし、安心してほしい。

このメリットは消えるわけじゃないし、大手以外の多くの飲食店にとって、競合は他の業界ではないからだ。

僕の見る限りでは、多くの飲食店の競合(=邪魔をする人)は、他店ではなく、経営者自身であることが多い。

つまり、自分自身が動けないことだ。これは先日下記で書いた。

★今ブレーキを掛けていいのか?
→ hanjoukai.com/cknow-how/20170409/

 

 

スピードを速める。

世の中のスピードは今までも速かったが、今年からは、さらに今までとは違うスピードで動いていく

だから、今年は僕=飲食店繁盛会も今までのやり方を捨てて、いろいろと会社を再構築している。僕自身の経営者勘として、今までと同じでは、時代のスピードに振り落とされると思っているからだ。

話がそれた。

議論することは大切だ。

しかしだ。

いくら議論を重ねて策を練ってもうまくいかない経験はないだろうか?

もしくは、議論することによって動けなくなる経験はないだろうか?

だったら、飲食店のアドバテージを利用して、目の前のお客様にテストマーケティングをして情報をいただいたほうが、よっぽど正確な判断ができ、スピードを速められる。

先日も、販促まるごとサポートでメニューリニューアルをしているクライアントに、顧客ターゲットを広げて売上アップにつなげるために、2つの商品をテストしてもらった。

ひとつは、反応もよく採用。もう一つは、不採用。10日程度で判断した。不採用という結果もとてもよい。なぜならば、他にもやらなければいけないことが多いので、「これは、今はやらなくてよい」ということがわかったからだ。リソースが少ない中小個人飲食店は、大切なことにリソースを集中しなければならない。

そう、議論するよりも目の前でテストするほうが圧倒的に速い

ネット上でも同様なことができつつ今、これは、スタンダードな考え方になったんだと思う。

 

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 

▼▼地方の飲食店の方に朗報!▼▼

【参加申込受付中】東京に来なくても大丈夫!自由な時間にパソコンやスマフォで参加できる飲食店繁盛会主催の『飲食店ライブセミナー』とは?9/5、10/10、11/6で行う4つのセミナーの内容はこちら






★繁盛会Newsに興味がありましたら、飲食店繁盛会のFacebookページ等にいいね!を。繁盛会Newsが更新したらFB,TWでお知らせしています。メルマガもぜひ。無料レポートがもらえます。
  1. 飲食店繁盛会の公式Facebookページ
    …繁盛会News・事例・メルマガなど
  2. 飲食店繁盛会の公式Instagram
    …事例にしぼって紹介
  3. 飲食店繁盛会の公式Twitter
    …繁盛会Newsの更新情報中心

さらに使いやすくブラッシュアップ!コンサル+販促ツール制作=売上アップ!『販促まるごとサポート』
今ならメルマガ登録or資料請求で4つのノウハウレポートを無料進呈中(毎月先着30名様)

お気軽にお問合せください 03-5302-9841

メールでのお問合せ
omise@hanjoukai.com
お問合せフォーム