今回は、中国の武漢の出張で食べたもの。和食と中国料理です。

ただ、さすがに中国。中国の人が中国料理ということは、基本的になくて、広東料理屋とか四川料理屋とか、その地域の名前で呼んでます。そりゃそうですよね。

まずは広東料理のお店。基本、すべてクライアントに連れて行ってもらったお店。

奥菜坊 南堂館。ちょっと高級な広東料理。広東料理とは、香港・マカオを含む広東省で食べる料理。日本人に馴染みがある味です。

中国では、路面店よりもショッピングモールや百貨店に入っている飲食店の方が、よいものを出す飲食店が多いと認知されてるとのこと。今回の武漢の旅で食べたのも、ホテルか商業施設のみでした。路面店も入りたかったのですが、時間と胃袋の容量がなかった…

中国の商業施設のレストランでは、入り口に人が立っていることが多いです。これは、売込みではなく、お店に入ったお客様を、お待たせせずにすぐに案内できるようにするためだそうです。それと同時に、満席率が上がるように席を埋めていきます。基本、お客様に聞かれない限り、入り口の人が通りすがりの人に売り込むことはありません。

オープンキッチンのいい演出。客単価的には、日本円にしてたぶん2〜3,000円くらいではないかと思います。中国の価値で言うと5,000円〜7,000円くらいのイメージ。中国では、アルコールを食事で飲まないので、料理だけでこのくらいと思ったほうがいいでしょう。ちょっとお金持ちの人〜富裕層の普段使い、もしくはハレの日でくる感じです。

こんな可愛らしいセット。入るとすぐにポットの中国茶が出てきました。

今回は個室。平日のちょっと遅い時間ですが、この後、もう一度、ほぼ満席になりました。

北京ダッグではなく、チキンのロースト(上)と豚の角煮(下)。外がカリッとしていて上手いです。

これは、ビールのつまみに頼んでくれたもの。じゃがいもと海老と野菜を炒めたもの。じゃがいもが、またちょっとカリッとしていました。

武漢は湖北省にあるのですが、海がないので、基本、生魚は食べません。ただ、長江が流れていて、湖や池があちこちにあるので、魚料理は郷土料理のひとつ。これは、その地元の魚をたぶん、一度揚げて、それを鍋で蒸すような感じだと思います。お店の人が蓋をとって混ぜてくれます。たぶん、これは、広東料理ではなく、その郷土料理だと思うのですが…

で、ご飯を〆に食べる文化があるみたいです。お米は日本のに似ています。ただ、ふっくら感はなかったです。

しかし、ここの料理、うまかったです。胃袋がもっと大きければ…

 

で、和食。和食は小倉というお店。昼食を食べました。昼は、IT系の給与が高い会社のOLとかが来ます。夜は、ハレの日か設定。金額的には、日本では1万円くらいな客単価の店でしょうか。

ファサード。いい感じ。

中は畳。半個室、個室がほとんどのお店。

通された個室。テーブルには、本物の花。目の前は公園。

武漢は、こんな感じの小さい池から大きい池・湖がたぶん2桁あります。地図で見ると湖だらけ的な(笑)

そうそう。こちらの新しいお店は、こんな感じでデジタルサイネージやLEDが当たり前。この2枚は裏表ですが、静止画が変わっていくタイプ。他の店では、クローズドキッチンの厨房の中を店の外のサイネージで、生中継しています。安心安全の意識が強くなっているようです。

これは、焼鳥の盛り合わせ。焼鳥といっても鶏は1コ。手羽先。手前は牛タン。奥は豚バラ。博多の焼きとりに近いです。いいものを使っています。素材だけで美味しい感じ。

てんぷら。ここの店は、中国人の料理長が切り盛りしているとのこと。中国人ですが、日本で長く勤めていて、どこかの和食店の料理長をやっていたとか。

そして、生牡蠣。基本、この辺の地域にはないので、フランスから直輸入。お値段も日本円にして1,500円〜2,000円くらい。日本の生牡蠣はだいたい400円前後なので、2〜3倍です。味は、美味しかったです。日本で食べるのと変わりません。

これはなんでしょう。正解は・・

銀鱈の西京焼。こういう演出もするんですね。

こちらは、アボカドにチーズをかけてオーブンで焼いた感じの料理。想像通りの味。

で最後に寿司。こちらでは、生魚を基本的に食べないので、寿司はカルフォルニア寿司みたいな感じが人気の用です。でも、客単価の高い店は、日本的な寿司はよく出るとのこと。

で、他の店の料理ですが、あちらで人気の寿司をひとつ紹介するとこんな感じ。

これ、お寿司です。鉄板にのってます(笑)

 

武漢で食事して一番思ったこと。普通の食事なら、だいたい300円くらいだと思います。向こうの麺とか吉野家の牛丼で15〜20元。このようなお店もたくさんあります。

路面店もしくは、フードコートなどはこのくらいの単価の店。

ただ、いろいろ回ってみると、客単価の高い店もわんさかお客さんが入ってる。

例えば、70元くらいのお店。日本円に換算すると1200円くらい。日本の価値に置き換えると3000円くらい。このくらいのお店は、子供をつれて、普段使いで普通に混んでる。。

そして、今日の2件。5000円〜1万円。とくに2つめの日本料理は、少なくても3〜4日前に予約しないと入れないとか…

 

中国のパワー。結構脅威です。僕たちも頑張らなきゃ!と本当に思いました。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



あと、繁盛会Newsに興味がありましたら、飲食店繁盛会のFacebookページ等にいいね!を。繁盛会Newsが更新したらFB,TWでお知らせしています。メルマガもぜひ。無料レポートがもらえます。
  1. 飲食店繁盛会の公式Facebookページ
    …繁盛会News・事例・メルマガなど
  2. 飲食店繁盛会の公式Instagram
    …事例にしぼって紹介
  3. 飲食店繁盛会の公式Twitter
    …繁盛会Newsの更新情報中心

「これで売上上げました!」繁盛会一番人気のサービスです。コンサル+販促ツール制作=売上アップ!販促まるごとサポートの詳細はこちら。

お気軽にお問合せください 03-5302-9841

メールでのお問合せ
omise@hanjoukai.com
お問合せフォーム